死ぬまでおいしくご飯が食べられるための総合情報サイト

訪問歯科にかかるための全面サポート

訪問歯科の長所

訪問歯科で一番依頼の多いのが入れ歯の調整です。合わない入れ歯ですと、痛みがあったりして、噛む力も低下します。

噛むということが、脳の新陳代謝に大きな影響があることを思うと、脳の老化を避けるためにもしっかり噛めるようにしたいですね。しっかり噛むということで食べるものもおいしくいただけますね。生活が明るくなります。

入れ歯が合わなかったためにお粥ばかり食べていた人が、何でも食べられるようになり、外食をするのが楽しみになったという人もいます。入れ歯が合わないためにうまくしゃべることができないので、家に閉じこもっていた人が、訪問歯科で入れ歯を調整してもらってからは、カラオケに行って生活を楽しむようになりました。

訪問歯科医が一番大切にしていること

訪問歯科医療を受ける人々にとって一番大事なのは、口腔ケアといえるでしょう。

訪問歯科を依頼する患者さんの多くは、自分一人では満足に歯を磨けないのが現状です。当然口腔内の細菌が増え、虫歯や歯周病が起こります。歯茎が腫れて入れ歯を使うと痛くなります。口臭がひどくなり味覚が低下してしまいます。これではおいしく食べるということができなくなってしまいますね。

口内細菌の問題で恐ろしいのは、誤嚥性肺炎です。細菌が唾液などと一緒に肺に入って行って起こる肺炎です。適切な口内ケアが必要なことがわかりますね。訪問歯科では口腔内ケアの専門家の歯科衛生士もついてきます。うがいができない患者さんもいますから、洗い流す必要のない口腔保湿ジェルで口腔内を清掃します。